読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アラフォーママの節約おしゃれ入門

お金も時間もかけられないし、センスもないママさんのための、とりあえず小綺麗に見えるファッションを教えます。

着ていたらおばちゃんぽく見えないおすすめ色

今回は、アラフォーがおばちゃんぽく見えない色を紹介します。

アラフォーになると、選ぶ服によって、「おばちゃん」としてバカにされるか、きれいな奥様として敬意を払われるか、分かれてきます。

若いころは生まれつきの顔のつくりで判断されますが、年を取ってくると着る服ならお金で解決できるので、年をとってよかったです。

 

黒はダメと前回書きましたが、黒のかわりにベーシックカラーとしておすすめなのはズバリ、

です。

黒ほどきつくならず、ただ着ただけできちんと感がでます。青に近い紺ではなくて、黒に近い紺が合わせやすいのでおすすめです。

 

また、グレー

もおすすめ。

シルバーとの相性がよく、薄い色なら華やかさも出せます。こちらもきちんと感が出せますし、濃度の違うグレーと合わせてもちぐはぐになりにくいです。(黒どうしは変になります)

 

また、全体的に言えることは、くすんだ色よりクリアな色がおすすめです。お花のようなきれいな色をぜひ着てみてください。

最初から原色は難易度高いと思いますので、ピンクや水色やラベンダーなどちょっとかわいらしい色を少しだけ、とり入れてみてください。

 

f:id:sazaef:20160121105838j:plain

↑こちらは、ユニクロ

WOMEN ヒートテックフリースタートルネックT(長袖)¥790 +消費税

のライトパープルです。最初はこういうものを家で着てみてはいかがでしょうか。

きれいな色を着た自分に慣れてくると、だんだん着やすくなりますよ。

 

くすんだ色はくすんだお肌がますますくすみます。

パーソナルカラー診断(似合う色をスプリング・サマー・オータム・ウインターに分けて判断します)などを受けると、くすんだ色も似合う人がいるらしいんですが、自分で見分けるのは相当難しいですし、アラフォーでそういう人は少数な気がします(町を歩いている人を見ると…)ので、おしゃれ初心者は無難にいくことをおすすめします。